【秀岳館】サッカー部監督・段原一詞の顔画像や経歴!ヤバすぎる行動とは?

秀岳館高校の男子サッカー部でコーチが部員に暴行した問題で、学校で保護者への説明会が開かれました。

説明会では、「部員が主体となって撮影した」とされていた謝罪動画が実は監督が指示していたことが明らかになりました。

そこで今回は、秀岳館高校サッカー部の監督である段原一詞氏の顔画像や経歴についお伝えしていきます。

スポンサーリンク
目次

秀岳館高校の部員謝罪動画は監督指示だった!

八代市の秀岳館高校の男子サッカー部でコーチが部員に暴行した問題で、学校で4日、保護者への説明会が開かれました。

説明会では過去2年間のサッカー部内の暴力行為の件数が報告され、「部員が主体となって撮影した」とされていた謝罪動画が実は監督が指示していたことが明らかになりました。

【学校側の謝罪】

「心よりお詫び致します。本当に申し訳ありませんでした」

4月20日、男子サッカー部の寮内で男性コーチが3年生の部員を殴ったり蹴ったりする様子を撮影した動画が流出。

警察はこの男性コーチを暴行の疑いで書類送検しています。

また、動画が流出した後にサッカー部の段原一詞監督が動画を投稿したとみられる部員を「加害者」と呼び、自らを「一番の被害者だ」と発言した音声も流出。

段原監督は自宅謹慎になりました。

さらにSNSではサッカー部の公式アカウントで、3年生の部員たちが一連の騒動について謝罪する動画も掲載され、その後、削除されました。

学校の対応に多くの批判の声が上がる中、暴行動画の流出から2週間が経ってようやく、4日に学校で保護者に対する説明会が開かれました。

出席した保護者によりますと、説明会では生徒へのアンケートで過去2年間でサッカー部の監督やコーチなど職員から生徒への暴力が二十数件、部員間での暴力が十数件確認されたことを報告したということです。

【説明会の司会者】

「あの(部員の)謝罪動画については監督と一緒に撮影した。(監督が)確認して動画をアップしたことまで確認が取れています」

部員による謝罪動画について、学校側は当初、「部員主導で行った」と説明していましたが、段原監督が「本人が出て、名乗って謝罪するように」と指示していたことが明らかになりました。

段原監督は一連の騒動に対し、保護者に対して、泣きながら土下座したということです。

スポンサーリンク

【秀岳館】サッカー部監督・段原一詞の顔画像や経歴!

では、話題となっている秀岳館高校サッカー部の監督・段原一詞氏の顔画像を見ていきたいと思います。

名前段原一詞
出身地福岡県
誕生年1992年
学歴東海大学第五高等学校→陸上自衛隊→日本大学

熊本県の私立秀岳館高校の男子サッカー部監督である段原一詞氏。

段原一詞氏も元サッカー部出身で、全国ベスト4にまで勝ち進んだ実力の持ち主です。

福岡県出身で高校は東海大学第五高等学校(現在は東海大学付属福岡高等学校)に進学。

高校時代はサッカー漬けの毎日を過ごし、冬の選手権でベスト4に進出。

ただ、当時はサッカーのプロ入りという道もなかった為、自衛隊に入隊

自衛隊でもサッカー部に所属し、全国大会で優勝したことがきっかけで、明徳義塾高校のサッカー部の指導することになったようです。

始めは、明徳義塾中学と高校のサッカー部コーチを兼任。

その後、明徳義塾高校サッカー部の監督に就任し、翌年には新人戦優勝・インターハイ初出場・全国高等学校サッカー選手権大会に出場果たすと、

指導者を目指すために通信教育で日本大学文理学部の英文科に入学。

大学生とサッカー部監督の二足のわらじということもあり、当時は睡眠時間3時間という日々を4年間続けたそうです。

そして、秀岳館高校のサッカー部の監督に就任してからは、全国選手権1度(初出場)、九州大会に2度出場を果たすなど全国でも屈指のサッカー強豪校に押し上げられました。

スポンサーリンク

段原一詞のヤバすぎる行動・言動まとめ

そんな段原一詞氏ですが、過去の行動や言動が「ヤバい!」と話題になっています。

その主な行動・言動が以下になります。

  • 暴行動画をSNSにアップした生徒を「加害者」呼び
  • 自らを今回の事件の「一番の被害者」扱いする始末
  • 朝の情報番組「スッキリ」に出演した際は「生徒の味方」という嘘をつく

これら全てをまとめた実際の動画が以下になります↓

段原一詞氏のこういった行動や言動の数々に世間からは批判が殺到しています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる