【なぜ】コロナ給付金が9.6億円も不正受給できた衝撃の理由!【谷口梨恵・光弘】

一家4人で新型コロナ対策の持続化給付金300万円を不正に受給したとして、三重県内に住む会社役員・谷口梨恵容疑者(45)と谷口容疑者の長男で職業不詳の大祈(だいき)容疑者(22)、次男(21)の計3人が詐欺容疑で逮捕されました。

谷口容疑者の元夫で、長男と次男の父親の光弘容疑者(47)は海外に出国したとみられ、同容疑で指名手配されているようです。

また、4人は少なくとも計960回以上の不正な申請をし、計約9億6千万円分の受給に関わったとみられています。

そこで今回は、なぜ谷口梨恵・光弘容疑者が計960回以上の不正な申請を行い、約9億6千万円分の受給をすることが出来たのかお伝えしていきます。

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

目次

一家4人で960回不正申請、9.6億円受給関与か

新型コロナ対策の持続化給付金で、嘘の申請を繰り返し、10億円近い金をだまし取っていたとみられるのは、家族でした。

5月30日、詐欺の疑いで逮捕されたのは、谷口大祈容疑者(22)と弟の21歳の次男です。

また、三重・津市に住む2人の母親・梨恵容疑者(45)もあわせて逮捕されました。

3人は、新型コロナの影響で売り上げが減った個人事業者を装い、持続化給付金300万円をだまし取った疑いが持たれています。

しかし、この事件の裏には、事件を主導していた人物がいました。

それが、父親の谷口光弘容疑者(47)です。

父親の光弘容疑者は事件の主犯格で、事件後、インドネシアに出国したとみられ、警視庁は詐欺の疑いで全国に指名手配しました。

持続化給付金は、新型コロナの影響を受けた場合に給付され、給付額は中小企業などの法人は最大200万円、個人事業主は最大100万円。

警視庁は、4人が少なくとも計960回以上の不正な申請をし、計約9億6千万円分の受給に関わったとみて調べています。

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

【なぜ】コロナ給付金が9.6億円も不正受給できた衝撃の理由!

では、なぜ谷口梨恵・光弘容疑者を含む4人は約9.6億円もの不正受給に関与できたのでしょうか。

報道などによりますと、

警視庁捜査2課は、谷口容疑者親子を中心とする十数人のグループが知人を勧誘するなどし、2020年5~9月に約1780件を虚偽申請して計約9億6000万円を不正受給したとみて調べている。

また、Twitterなどには以下のような声もありました↓

光弘容疑者らグループは「誰でもお金がもらえる」とセミナーを開いて全国から名義人1780件を集め、うち960件は不正受給し、1件あたり十数万~数十万円の報酬を得ていた

名義と口座どうしたのかと思ったら、給付金セミナー開いて1780人の名義集めて、手数料としていくらか上前はねてたのね

要は、

不正に給付金を受け取れる方法を教えて、その対価として手数料を貰っていた

という訳なんですね。

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

ネット上の反応!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる