【画像】宮脇咲良のスタイルが悪すぎる3つの理由!顔のデカさと衣装が悪影響か?

多国籍6人組「LE SSERAFIM(ル セラフィム)」のメンバーである宮脇咲良さん。

抜群のルックスと前向きな明るい性格で多くの人気を集めています。

しかし、そんな宮脇咲良さんが「スタイル悪すぎる!」と話題になっています。

そこで今回は、宮脇咲良さんのスタイルが悪いと言われる3つの理由についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク
目次

【画像】宮脇咲良のスタイルが悪すぎると話題に!

BTSが所属する韓国の大手芸能事務所「HYBE」初のガールズグループ「LE SSERAFIM(ル セラフィム)」に所属する宮脇咲良さん。

「HKT48」、「IZ*ONE」に続き、3度目のデビューを果たされました。

2022年5月2日には、デビューミニアルバム「FEARLESS」のショーケースに登場。

すると、ネット上からは宮脇咲良さんに対して「スタイルが悪すぎる!」との声が相次ぎました。

スポンサーリンク

宮脇咲良のスタイルが悪すぎる3つの理由!

では、なぜ宮脇咲良さんのスタイルが悪いと言われるのでしょうか。

そこには主に3つの理由があることが分かりました。

1,顔がでかい

まず1つ目の理由に挙げられるのが「顔の大きさ」です。

宮脇咲良さんは以前から上半身が薄く華奢な体型で、加えて顔がすごい小顔ではないことから顔の大きさが目立つと言われていました。

実際、今回の「LE SSERAFIM(ル セラフィム)」のデビューミニアルバム「FEARLESS」のショーケースに登場した際も、顔の大きさがスタイルの見え方に悪影響を及ぼしているとの声が多くありました。

また、 首に巻いているチョーカーが太く、首が短く見えるのも顔が大きく見える原因となっているようです。

2,衣装

続いて2つ目の理由に挙げられるのが「衣装」です。

一般的に骨格タイプは「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」という3つに分類することが出来るのですが、宮脇咲良さんは「ウェーブ」に該当します。

骨格ウェーブの体の特徴

上半身が薄く華奢な体型ゆるやかな曲線を描くかのようなボディラインが特徴です。首が長く、肩のラインはなだらか。重心は下半身で、太ももが細く膝下にボリュームがある人が多い傾向があります。またバストトップやウエストの位置が低めです。ウエストとヒップとの差が大きいのも特徴で、女性らしい体型をしています。

実はこの「ウェーブ」タイプには以下のデメリットがあります。

  • 下半身に肉がつきやすい
  • 腰の位置が低い
  • 膝下が短い

そのため、骨格ウェーブの方はスカートを履く時、ちょうど膝上丈くらいだと、足が短く見えてスタイルが悪く見えてしまいます。

また、上半身が華奢なので、トップスの首元の大きく開いた服も悪影響を与えてしまうようです。

3,周りのメンバーが良すぎる

最後3つ目の理由に挙げられるのが「周りのメンバーが良すぎる」です。

2022年4月10日に初のグループ写真と映像が公開されると、韓国オンライン・コミュニティでは「メンバー間のスタイル差が気になる」といった声が相次いだようです。

左から4人目が宮脇咲良

※左からウンチェ, カズハ, ガラム, 宮脇咲良, ユンジン, チェウォン

公称身長「163cm」の宮脇咲良さんに対して、他のメンバーは「170cm」近くあります。(チェウォンさんも163cm)

チェウォンさんは他のメンバーとの身長差がそこまで気になりませんが、宮脇咲良さんは立ち位置がセンターであることからなのか、1人だけ一回り小さく見えます。

そのため、韓国ネットユーザーからは以下のような声が挙がったようです。

「真ん中の背の低い子誰?」
「咲良のようだ」
「スタイルが合わないと、中小事務所アイドルの感じがする」
「咲良が台無しにしている。脚が短くて胴が長くて」

このように周りのメンバーのスタイルが良すぎることによって、一般的に見ればスタイルが良い宮脇咲良さんもスタイルが悪く見える原因となっているようです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる