望月衣塑子の兄弟が情報商材を販売?あやしいビジネスの裏側とは?

ネットフリックスで世界同時配信されている話題のドラマ「新聞記者」の原作を著書した望月衣塑子記者。

実は、そんな望月衣塑子記者には実の弟・望月龍平氏がいます。

過去には、「原爆は落とされたんじゃなく打ち上げたのです。それを爆発させたのは日本ですよ。本当の悪は誰でしょ」とのツイートが炎上したのですが、

なんでも今は有料の投資の会員制オンラインサロンを運営しているとの噂もあります。

そこで今回は、望月龍平氏について徹底的に深堀りしていきたいと思います。

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

目次

望月衣塑子の弟・望月龍平のプロフィール

生年月日1978年10月15日(43歳)
ジャンル舞台
著名な家族望月衣塑子(姉)
事務所株式会社蒼龍舎 龍平カンパニー

望月龍平(もちづき りゅうへい)は、東京都出身、1978年10月15日生まれの43歳(2022年1月現在)です。

18歳のときに、劇団四季に入団。

「CATS」「ライオンキング」「マンマ・ミーア」「美女と野獣」「ウエストサイド物語」「エクウス」等に出演しました。

2008年に退団するまでに、メインキャストとして、劇団四季で2,500ステージを経験しました。

劇団四季を退団した後は、イギリスにも滞在し、2011年に、 望月龍平シアターカンパニー(現在の株式会社蒼龍舎) RYUHEI COMPANYを設立し、代表取締役に就任。

現在は、演出家・脚本家・俳優・プロデューサーとして、幅広く活動されています。

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

望月衣塑子の弟・望月龍平が情報商材を販売?

望月龍平氏は、有料の会員制オンラインサロン「真実と目覚め」を運営されています。

実弟でプロデューサー兼脚本家の龍平氏が、有料の会員制オンラインサロン「真実と目覚め」を主催。

週刊新潮

そんなオンラインサロンを運営するにあたって、望月龍平氏は以下のような思惑があるようです。

こんにちは。望月龍平です。

縁あって、2019年10月から、コアな世界の情報が、日本の裏側の情報が入ってくるようになりました。

ずっと芝居だけで食ってきた人間が、なんでこんなことをやり始めることになったのだろうとも想いますが笑

これは、ごく自然な流れなのかもしれません。
このサロンでは、表の世界では流れてこない【真実の情報】が配信されています。

僕たちは、“完全に眠らされてきた”のです。

そういう人が増えたらいいなというか、目醒めた人が増えないと【日本これからやばいぞ】というのがあって始めたサロンです。

表に出てるフェイクニュースでヤバイぞと思う感覚と、それに踊らされてしまう日本人全体を見てヤバイぞと思う感覚と、

“真実に触れてる中で感じる危機感”は、またちょっと種類が違います。
日本人は、ほんとーーーに情報オンチ、経済オンチ、社会情勢オンチ、世界常識オンチなのです。

これらのオンチを抜け出すには、テレビや新聞、ネットニュース、SNS、とか沢山捨てないとダメです。

本当に危険です。嘘ばっかだから。YouTubeも含め、ネットに転がってる情報には本当のことも出てくるけど、嘘も沢山あるから難しいんです、情報収集。

目的は“目醒め”です。このオンラインサロンは、精度の高い情報、真実を発信をしてます。

かなり抽象的な内容ですが、かなり攻めた発言をしておられますよね。

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

望月龍平のオンラインサロンはあやしいビジネス?

望月龍平氏のオンラインサロンの参加費は、月額で、

  • 一般:2,000円
  • 学生:500円

となっています。

望月龍平氏は「人数だけならホリエモンに勝っている」と話しているのですが、人数を非公開にされているため、真相は不明です。

しかし、そんな望月龍平氏が運営するオンラインサロンが、一部の人の間では「あぶないビジネス」と噂されているようです。

プロでも予測が難しい「投資のススメ」をメンバーに伝授するだけでなく、時に「販売」までしているというのだ。

プロの個人投資家ほど、常に相場を眺めながら情報収集を怠らないという、極めてストイックな生活を送っているもの。脚本家やプロデューサーを生業としている業界人が片手間で出来る仕事ではない。

デイリー ウイル オンライン

あくまでも上記の意見は推測にすぎないのですが、プロの投資家を知っている人からすると、あり得ないビジネスとのことです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる