【動画】ウィルスミスのビンタまでの経緯を簡単に!原因は妻への侮辱発言だった?

アカデミー賞授賞式で俳優のウィル・スミスさんが、プレゼンターのコメディアンであるクリス・ロックさんの頬を平手打ちする一幕がありました。

アカデミー賞史上でも前代未聞のハプニングとあって世界中で話題に。

そこで今回は、ウィルスミスさんが実際にビンタされた場面の動画を見ていきたいと思います。

また、ビンタに至った経緯やビンタされた理由についてもお伝えしていきます。

スポンサーリンク
目次

【米アカデミー賞】ウィル・スミスが壇上でビンタ!

ウィル・スミスさんは『ドリームプラン』で主演男優賞にノミネートされており、妻のジェイダ・ピンケット・スミスと授賞式に参加していました。

そんな中、長編ドキュメンタリー映画部門で、プレゼンターのクリス・ロックさんが、妻のジェイダの髪型を揶揄する一言を言うと、ウィルスミスさんは壇上に上って、クリスロックさんの頬を平手打ち。

クリスロックさんは呆然とした様子で立っていました。

その後、ウィルスミスはステージを降りると席に戻りながら、クリスロックさんに向かって、「妻の名前を口にするんじゃない」などと強い口調で叫び、その後も放送禁止用語を口に。

こちらがその実際のシーンです↓

マイクも、ウィルスミスさんがクリスロックさんの頬を打つ音をひろっており、突然の出来事に会場は騒然とした様子に。

ネット上でも多くの人々が言及しており、議論を呼んでいます。

日本で中継していたWOWOWでは、一時映像と音声が途切れて放送されない事態になりました。

スポンサーリンク

ウィルスミスがビンタした理由は妻への侮辱発言だった?

では、なぜウィルスミスさんがビンタするまでの事態になったのでしょうか。

ここからはビンタまでの簡単な経緯について説明していきます。

1、ウィル・スミスの妻は2018年から病気による脱毛症でスキンヘッドにした。

2、プレゼンターのコメディアン俳優クリス・ロックは 「GIジェーン(スキンヘッド姿が女性主人公の映画)を引用して、クリスロックがGIジェーン2楽しみにしてる」とイジった。

3、会場は爆笑も、ウィルスミスの妻は泣きそうになる。

4、ウィル・スミスがクリス・ロックをビンタ。

実は、ウィル・スミスさんの妻であるジェイダは脱毛症を公表しており、髪が抜けたり薄くなったりするヘアロスと闘っていることを2021年末に明かしていました。

そして、クリス・ロックさんが例えに出した映画『G.I. Jane』では、登場人物が自分の髪を剃るシーンがあるのです。

こういった経緯からウィル・スミスさんは奥さんを侮辱されたと思い、ビンタをされたというわけです。

スポンサーリンク

ネット上の反応

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる