YOASOBIが声出てなくて下手だと話題!生歌がダメな3つの理由!

2021年12月31日、東京国際フォーラムで『第72回NHK紅白歌合戦』で行われました。

同番組では、2年連続でYOASOBIも出演。

昨年の2020年は大ヒット曲「夜に駆ける」を圧巻のパフォーマンスで披露されました。

しかし、今回は「全然声が出てない!」や「生歌下手じゃない?」と話題になっています。

そこで今回は、YOASOBIの生歌がなぜ下手なのかお伝えしていきます。

スポンサーリンク
目次

YOASOBIが声出てなくて下手だと話題!

紅白歌合戦に2回目の出場となる2人組の音楽ユニット「YOASOBI」は、楽曲「群青」のほか、

NHKの子ども向けSDGs番組「ひろがれ!いろとりどり」のユニット「ミドリーズ」と共に、番組テーマソング「ツバメ」を特別企画で披露されました。

しかし、ネット上では「声が出てない!」「下手じゃない?」と話題になっています。

スポンサーリンク

YOASOBIが生歌がダメな3つの理由!

生歌が下手と話題のYOASOBIですが、上手くない理由は主に3つあると思われます。

①緊張している

2019年10月1日に結成してから、わずか1年と数カ月で紅白初出場を果たしたYOASOBI。

実はこの2020年の紅白の場が、公では初めての生歌を披露する場面でした。

そのため緊張のため上手く歌えず、生歌が下手と言われてしまったのだと思われます。

ちなみに、2021年の紅白の映像はこちらです。

②曲が難しい

初出場した紅白で披露されたデビュー曲「夜を駆ける」も、なかなかの難曲でカラオケで歌えないと話題になっていました。

「夜を駆ける」以外にも、YOASOBIの曲は難しいものばかりです。

特に2021年の紅白で披露された「群青」は「夜を駆ける」よりも難しいと言われています。

そのため実際に歌ってみて、その難易度に気づく人も多くいました。

③声が小さい

収録と違って、生歌だと雑音や音響に負けてしまう影響か、ikuraさんの声が小さいと言われていました。

そのため音源や声の微調整が効かないため、下手に聞こえてしまうと考えられます。

しかし、「YOASOBI」のボーカルikuraこと幾田りらさんは、

アニメ映画「竜とそばかすの姫」で声優に初挑戦されました。

その際に細田守監督から、以下のように絶賛されていました。

「聞いたことのない、ほかにない声だね。ヒロちゃんのこの声は、きっと作品の味になると思う」

これまでにも多くの声優を見てきた細田監督からこのように言われるということは、

声が出ていなかったらあり得ないと思うので、本当の原因は声の小ささではない気もします。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる