板橋一好議員は板橋組の御曹司で養子?生い立ちや親の七光りで政治家になったか

栃木県小山市の板橋一好議員について取り上げます。

板橋一好議員と「板橋組」との関係についてまとめていきたいと思います。

目次

【生い立ち】板橋一好議員は板橋組の御曹司

板橋一好議員は板橋組の夫婦の子供として育てられた御曹司です。

群馬県高崎市の鉄道官舎で生まれた板橋一好議員ですが生まれてすぐに父親が病気になり入院。

母親は板橋一好議員を育てることができず板橋組を営んでいた板橋弥一郎と蓮夫妻の養子となります。

養子になったことで群馬県小山氏に移住。

板橋組は板橋弥一郎が昭和10年に個人事業として創業、昭和34年に株式会社板橋組隣板橋弥一郎が社長となりました。

板橋一好議員が社長になることはなく、政治家の道に進んだということですね。

現在では太陽光発電や不動産売買・コンサルティング業務など幅広く活躍している元気な企業のようです。

家は裕福だったようで、珍しい果物やお菓子を食べたり、生活環境は良かったようです。

その後、小学校・中学校に進学。高校は弥一郎の家業を継ぐために土木科に進学。

その後、日本大学短期大学院に進学します。

その後の就職歳はもちろん、板橋組へ。

政治家になった経緯は、父の弥一郎が叔父である県議と揉めたことにあるようです。

同じ立場になって、論議するために板橋一好議員は政治家の道を弥一郎に勧められます。

板橋一好議員の当選は親の七光と呼ばれていた

板橋一好議員は選挙に勝ったものの、弥一郎の力があったとなかなか相手にしてくれないこともあったようです。

その「悔しい」という気持ちを引きに誰よりも仕事を頑張ったということ。

そして徐々にそれは評価され、最終的にはトップで選挙に当選。

その後も、経験と信頼の低さから大事な話が弥一郎の方に言ってしまうことも。

しかし弥一郎はそこで『その話は倅に』と自分は一般人であるということを貫き通しました。

ようやく板橋一好議員は信用を勝ち得、今のポジションにいるというわけですね〜

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる