西村賢太の死因はくも膜下出血?持病の痛風が影響していた可能性も!

2022年2月5日、破滅型の私小説で知られる芥川賞作家の西村賢太(にしむら・けんた)さんが、東京都内の病院で死去しました。

まだお若いこともあり、お茶の間ではかなりの衝撃が走っています。

そこで今回は、そんな西村賢太さんの死因は何だったのか?

また、持病の痛風が影響していたのかについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク
目次

西村賢太さん、都内病院で死去

作家の西村賢太さんが5日、都内の病院で死去したことが分かりました。54歳でした。  

西村さんは1967年7月12日生まれ、東京都出身。

中学を卒業後、アルバイトをしながら小説家を目指されます。

その後、2004年より文芸誌に小説を発表し、07年に『暗渠の宿』で第29回野間文芸新人賞を受賞。

2011年には『苦役列車』で第144回芥川賞を受賞し、同作は、森山未來の主演で映画化もされました。

スポンサーリンク

西村賢太の死因はくも膜下出血?

54歳という若さで亡くなられた西村賢太さんですが、死因は一体なんだったのでしょうか。

現在のところ報道などでは一切報じられていません。

しかし、一部気になる報道もありました。

4日夜に乗車中のタクシー内で体調を崩し、都内の病院に搬送された。

この報道にネット上では、以下のように噂されていました。

たしかに報道から分かる情報のみで推測すると、突然死の可能性が非常に高いと思われます。

そして、突然死の主な原因は以下になります。

突然死は、予期しない急死のことで、発症から24時間以内の死亡と定義されています。原因は、心筋梗塞をはじめ、心筋症、弁膜症、心不全などの心臓病によるものが六割以上を占め、そのほとんどが心室で生じる致死的な不整脈に起因するといわれています。

この他にも、日本人の死因の中でいわゆる“突然死”になる代表的な疾患としてくも膜下出血も挙げられます。

スポンサーリンク

西村賢太の持病の痛風も影響していた?

また、西村賢太さんは持病で痛風をもっていたとも言われています。

痛風とは

痛風は尿酸が体の中にたまり、結晶を作ることにより色々な障害が起きる病気です。結晶により関節炎が起き、関節の周りや皮膚の下に結節が出来(痛風結節)、腎臓にたまった結晶により腎臓が悪くなり(慢性腎臓病)、尿路結石ができます。

そして、痛風による合併症として以下が挙げられます。

  • 心血管障害(狭心症や心筋梗塞)
  • 脳血管障害(脳出血や脳梗塞)

あくまでも可能性の話ですが、なくはなさそうですね。

スポンサーリンク

ネット上の反応

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる