【動画】SaRa選手の差別発言がやばい!報酬が全カットされる結末に!

\借金がある人必見/

プロゲーミングチーム「REJECT」のPUBG Mobile部門に所属するSaRa選手。

不適切発言があったとして2022年12月末までの選手活動停止などの処分を下されました。

そこで今回は、話題となっているSaRa選手の差別発言動画を見ていきたいと思います。

また、今回の発言による処分の詳細についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク
目次

プロゲーマーが障がい者への不適切発言で処分

プロeSportsチームを運営する「REJECT」が5月3日、同社のPUBG MOBILE部門所属のプロゲーマー、SaRa選手による不適切発言があったことを確認し、

同選手に対して12月末までの選手活動停止などの処分を下したと発表しました。

処分対象となった発言があったのは、同社所属の他選手が5月1日に配信している最中のこと。

SaRa選手が発した「障害者やろ マジで」という言葉が配信に入り込みました。

同社によると、同じ施設内で別のゲームをプレイ中、ボイスチャットを付けていない状態で発したものでした。  

同社は、本人への聞き取り調査を行い、事実であることを確認。

「当該発言は極めて不適切であり、重大なコンプライアンス違反である」として、SaRa選手に対し、

  • 2022年12月末までの選手活動停止
  • 当該期間の選手報酬全額カット
  • 社会貢献活動への参加

という処分を下しました。  

SaRa選手も同日、Twitterを更新。

「僕の発言は決して許されないものであり、重く受け止めています。改めて、応援してくださるファンの皆様、また関係者の皆様、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。僕の発言で不快な思いをされた方々に、深くお詫びいたします」

と謝罪しました。

スポンサーリンク

SaRa選手の差別発言動画!

では、SaRa選手が実際に発言したとされる動画をご紹介していきます。

この発言によりネット上では批判殺到しています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる