【内訳】高橋和希の年収は11億円!総資産100億円超えの収入源とは?

少年向けの人気漫画「遊☆戯☆王」の作者である高橋和希さん。

沖縄県名護市の沖合で、スノーケリングの器具を装着して浮いている状態で見つかり、死亡が確認されました。

今回は、そんな高橋和希さんの年収や総資産を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

高橋和希の年収は11億円!

人気漫画「遊☆戯☆王」の作者・高橋和希さん。

『遊戯王OCG デュエルモンスターズ』は、世界で一番売れているトレーディングカードゲームとしても有名です。

では、そんな高橋和希さんの年収はいくらなのでしょうか。

高橋和希の年収推移

高橋和希の年収は、各年の国内の高額納税者をまとめているサイトにて判明しました。

【2000年度】
所得税額:4億369万円
推定所得:10億9800万円

【2001年度】
所得税額:1億3211万円
推定所得:3億6400万円

【2002年度】
所得税額:7738万円
推定所得:2億1600万円

2000年の年収は約11億円あることが分かります。

また、同サイトには高橋和希さんの申告所得も掲載されていたので合わせてご紹介します。

【2002年度】
申告所得:約8億2000円

【2003年度】
申告所得:約4億1200万円

【2004年度】
申告所得:約2億8200万円

【2005年度】
申告所得:約5億1000万円

各年の年収にはバラツキがありますが、安定して億超えしているのはさすがですよね。

スポンサーリンク

高橋和希の収入源とは?

では、そんな高橋和希さんの収入源には何があるのでしょうか。

連載の原稿料

連載の枚数1枚あたりに対して原稿料が支給されます。

1枚あたりの平均は3000円~数万円と幅広く、掲載する雑誌の発行部数や知名度、作者の人気などによってさまざまな契約が結ばれています。

マイナー雑誌の場合には原稿料が0円のケースもあります。

有名漫画誌の1話分はおおむね20ページ前後です。

1ページを1万円と仮定すると1話あたり20万円程度の収入になり、週刊誌の場合だと4週x20万円で月収は80万円になります。

80万円を収入として得ることができれば裕福な生活が送れそうなものですが、プロの漫画家はアシスタントを複数人雇用していることが通常であるため、人件費や事務所費用など必要経費を引いてしまうと残るお金はそう多くはありません。

そして気になる高橋和希さんの場合ですが、

遊☆戯☆王』は、週刊少年ジャンプで1998年~2004年に連載されました。

そのため、

80万円 × 84ヶ月(7年間) = 6720万円

連載の原稿料だけで、少なくとも6720万円にのぼると言われています。

単行本の印税

単行本・コミックの印税はおおむね10%程度です。

発行部数x(定価x10%)が印税収入となります。

仮に100万部が売れた場合

1冊400円の10%の40円x100万部=4000万円

という計算になります。

『遊戯王』のコミックと関連書籍の累計発行部数は4000万部と言われているので、

1冊817円の10%の81円 × 4000万部 = 32億円

単行本の印税の印税だけでも約32億円にのぼることが分かります。

ちなみに、出版不況が言われている中ですが、小説などの一般的な書籍に比べると「漫画コミック」の売れ行きは段違いに良いようです。

「週刊少年ジャンプ」(発行部数230万部※2015年)などの人気週刊誌に連載されているタイトルであれば単行本化されれば数十万部は軽く売り上げることができます。
※1巻2巻と連続して出版されるため部数を重ねやすいことも数字が伸びる要因のひとつ。

ただ、連載を持っていればどんな作品でも単行本化されるわけではありません。

マイナー雑誌に連載を持った場合は人気次第では単行本化されずに原稿料だけしか収入がないケースもあります。

その他の収入

その他の収入源として、作品のアニメ化や映画化、キャラクター商品の開発などによる著作権使用料が期待できます。

ただし、ヒット作品の作者しかこの収入を得ることはできません。

もちろん高橋和希さんは、「世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲーム」の作者でもあるので、著作権使用料が入ります。

「遊☆戯☆王」のカードの累計発行枚数は、2011年時点で約252億枚。

現在も年間5〜7億枚は売れているため、総発行枚数は350億枚を超えると言われています。

そのため、遊戯王カードの印税だけで15億円になると思われます。

スポンサーリンク

高橋和希の総資産は100億円超え!

では、高橋和希の総資産はいくらなのでしょうか。

まず先ほど紹介した収入源をまとめると、

  • 連載の原稿料:約6720万円
  • 単行本の印税:約32億円
  • 遊戯王カードの印税:約15億円

このようになります。

そして、高橋和希さんはこの他にも、

  • アニメの著作権使用料
  • ゲームソフトの著作権使用料

などもあります。

また、高橋和希さん自身は『遊☆戯☆王』の連載終了以降、漫画を執筆する機会は減っていたが、近年は読み切りや短期集中連載を行うなど、徐々に活動を再開しはじめておられました。

そのため、これら全ての収入を累計すると、総資産は100億円を超えると言われています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる