【顔画像】渡辺宏の経歴がやばい?犯行動機や出身高校の過去まとめ!

埼玉・ふじみ野市で27日夜、住宅に猟銃とみられるものを持った男が医師を人質にとって立てこもりました。

警察は、立てこもりから11時間近くたった28日午前8時ごろに突入し、66歳の渡辺宏(わたなべ・ひろし)容疑者を殺人未遂の疑いで緊急逮捕しました。

そこで今回は、渡辺宏容疑者の顔画像や経歴を見ていきたいと思います。

また、犯行動機や出身高校など過去についても深堀りしていきます。

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

目次

猟銃立てこもりで渡辺宏容疑者を逮捕!

埼玉県ふじみ野市で、27日夜、住宅に猟銃とみられるものをもった男が医師を人質をとって立てこもりましたが、28日朝、警察が突入し、男は殺人未遂の疑いで緊急逮捕しました。

人質の男性医師は心肺停止で意識不明の重体でしたが、さきほど死亡しました。

死亡したのは、鈴木純一さん(44)だということです。

一方、その後の取材で、逮捕されたのは66歳の渡辺宏(わたなべ・ひろし)容疑者と分かりました。

犯行動機

渡辺容疑者は、高齢の母親が死亡したことについて、弔問に訪れていた鈴木さんらとトラブルとなり、猟銃を発砲し、立てこもったとみられています。

現在、警察はさらに詳しい動機を追及しています。

また、使用されたのが散弾銃だったことも新たに分かりました。

渡辺容疑者は、トラブルとなった直後に、散弾銃を発砲したとみられ、その際、鈴木さんも負傷した可能性があります。

※追記

捜査関係者への取材で、渡辺宏容疑者は犯行動機について以下のように述べたそうです。

「(亡くなった)母の介護の対応に怒っていた」

「母が死んでしまい、この先いいことはないと思った。自殺しようと思った時に自分1人ではなく先生やクリニックの人を巻き込んで殺そうと思った」

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

渡辺宏の顔画像や経歴は?

では、今回の事件で逮捕された渡辺宏容疑者の顔画像を見ていきたいと思います。

年齢は2022年1月現在で、66歳

職業は無職とのことです。

また、真偽は不明ですが、渡辺宏容疑者は母親思いの人だったとの情報もあります。

さらに、近所の人の話では、渡辺容疑者は1~2年前に引っ越してきて、寝たきりだった高齢の母親と2人暮らしで、介護医療サービスを受ける様子が見られたとのこと。

その母親が最近亡くなり、27日は医師や理学療法士など医療関係者が複数で弔問に訪れていたが、

その際にトラブルとなり、銃声が2発聞こえ、渡辺容疑者は猟銃のようなものを持って、44歳の男性医師を人質にとって立てこもったとのことです。

近隣住民からみた渡辺宏容疑者の人柄

近所に住む女性(76)によると、渡辺容疑者は2、3年前、この民家に越してきたとのこと。

渡辺容疑者は母親をつきっきりで介護しており、仕事をしている様子はなかったそうです。

また、地域の自治会長を務めた男性(91)によると、渡辺容疑者は2019年3月ごろ、母親と2人で民家に引っ越してきたとのこと。

間もなくあいさつにきたが、「母親を看病してますから、近所付き合いはできない」と告げられたそうです。

母親はベッドで横になっていることが多かったといい、家にはヘルパーらが出入り。

男性は事件について「そんなことをする人に見えなかったので、驚いている」と話しておられました。

また、別の近所の女性(76)も自治会費の集金で、渡辺容疑者宅を数回訪れたことがあったといい。

「ドアを開ける時はいつも半分だけ。呼び鈴を何度も押してやっと出てきてくれた」とし、「お母さんを付きっきりで介護しているから、なかなか出られない。大変そうだった」と明かされていました。

そして、身柄を確保された際に移送される姿をテレビで見て、「憔悴(しょうすい)しきっていた。親孝行の人だと思っていた。お母さんが亡くなって精神的に参ってしまったのかな」と語られました。 

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

渡辺宏が事件前にみせた驚きのクレーマーぶり

県警によると、鈴木さんは92歳になる渡辺容疑者の母親を診療し、立てこもる前日の26日に死亡確認をしていました。

27日は鈴木さんが呼び出される形で渡辺容疑者の自宅を訪れ、事件に巻き込まれたとみられています。

「お母さんのことになると感情の歯止めがきかず、度々医師やスタッフにくってかかる人でした」

渡辺容疑者の母親が2年前まで10年以上通った病院の関係者は容疑者をそう振り返っています。

渡辺容疑者は当時、母親に付き添って来院し、診察の待合で「うちの母親を(先に待つ他の患者より)先に診ろ」などと求め、職員が断ると大声で怒鳴り散らすことが度々あったとのこと。

当時、母親に大きな持病はなかったが、体の衰えが進んでいたそうです。

また、数年前に母親の肺を検査した際、渡辺容疑者はステロイド系の薬を処方するよう要求。

医師から「そこまでの症状は出ていないから、ステロイドは使わない方が良いですよ」と伝えられると、

「専門医なのに何も分かっていない」などと書いた長文の抗議文を提出したこともあったようです。

さらに、胃カメラを使う検査では担当者の変更を迫ったこともあったそうです。

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

渡辺宏は結婚していた!?

2022年2月2日、渡辺宏容疑者の過去について新たな情報が「デイリー新潮」より報じられました。

実は渡辺容疑者は、20年ほど前まで東京・江戸川区の都営団地で、まだ元気だった実母と2~3歳くらいの子供と同居していたとのこと。

妻と思しき外国人風の女性も出入りしていたそうです。

当時を知る団地住民は、以下のように明かしています。

「よく借金取りが訪れて、ドアには蹴られた跡が残っていた。ある時、渡辺容疑者が“エアガンを2千円でいいから買ってくれないか”と言うので応じたら、電気代が払えると喜んでいた。いつしか子供の姿も見なくなったので、奥さんが引き取っていったのかなと思いました」

デイリー新潮

その後、2人だけになった渡辺容疑者と実母は、10年ほど前から埼玉県内を転々としていたそうです。

渡辺容疑者を担当していた不動産関係者は、以下のように明かしています。

「彼は家のポストに極真会館のシールを貼り、拳には空手だこがあって強面の印象でしたが、普段は日雇い仕事をやるような作業着姿で、所沢の物流会社に勤めていると……。介護中心の生活で定職に就けず、頼みは母親の年金だけと言っていたね。家賃の保証会社に40万円を滞納し、強制執行で追い出されたこともあった」

デイリー新潮

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

ネット上の反応

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる