【箱根駅伝2022】大会本部車はトヨタ社長の愛車!価格やスペックを調査!

2022年1月2日、東京・大手町の読売新聞社前から「第98回箱根駅伝」がスタートします。

そこで毎年注目が集まるのが車両です。

箱根駅伝では、1位の選手のすぐ後ろを走る大会本部車や、各選手ごとの後ろを走る監督車、選手を先導する白バイなど見どころ満載となっています。

そこで今回は、その中でも1位の選手のすぐ後ろを走る大会本部車についてご紹介していきます。

なんでも直近2年はトヨタ社長の愛車が使用されているとのことですので、そちらの価格やスペックをお伝えしますね。

スポンサーリンク
目次

【箱根駅伝2022】大会本部車はトヨタ社長の愛車!

2022年1月2、3日で行われる「第98回箱根駅伝」

毎年30%近い視聴率を叩き出していることからも、その人気と注目っぷりがうかがえます。

そして、そんな箱根駅伝のなかでも、人気の一躍を担っているのが大会本部車などの車両の存在です。

毎年、特にテレビに多く映る大会本部車は企業も力を入れているため、珍しい車が多く話題になっています!

では、2022年の「第98回箱根駅伝」で使用される大会本部車が気になりますよね。

そこで調べてみると、

センチュリーGRMN と判明しました!

大会本部車には世界に2台しかないといわれる「センチュリーGRMN」

センチュリーGRMNは、豊田章男社長が使用する社長専用車として東京と愛知の本社に1台ずつしか存在しない超希少な車で、

市販化もされていないため、箱根駅伝の中継が唯一のお披露目の場になります。

スポンサーリンク

大会本部車両センチュリーGRMNの価格やスペック

センチュリーは2018年にフルモデルチェンジをおこなったトヨタの最高級セダン。

そのスポーツバージョンであるセンチュリーGRMNは市販されていないモデルです。

また、トヨタ センチュリーは落ち着いて上質な内外装や徹底した安全性能、静粛性から企業のトップ社用車を始め、政府要人・宮内庁にも採用される最高級車です。

スペック

まず外見は、フロントグリル内に「GRMN」のバッジをこしらえ、ボディ下部にエアロパーツが装着されています。

そして中身の部分も専用スペックになっています。

足回りは専用チューニングで、

「後席の快適性に最適化した標準車とは違い、ドライバーファーストのスポーティなセッティング」になっているとのこと。

足回りは締め上げられ、「ステアリングを切ると明確に分かるくらいハンドリングはシャープになっている」といいます。

また、タイヤのサイズは標準の225/55 R18に対して、センチュリー GRMNは245/45 R19と1インチ大きいものを装着。

さらに大型のブレーキキャリパーも装着されています。

なんでもこのキャリパーは先代レクサス LSの「Fスポーツ」に装備されていたものと同じ、ブレンボ社製の大型キャリパーだそうです。

ちなみに、パワーユニットは標準センチュリーと同じ5L・V型8気筒エンジン+モーターのハイブリッド。

価格

先ほどもお伝えしたように「センチュリーGRMN」は世界に2台しかなく一般向けに発売はされていません。

しかし、スポーツタイプではない通常の「センチュリー」は一般発売されています。

その価格は、

現行モデルで1,960万円、先代モデルで1,253万円

ちなみに、「センチュリーGRMN」の市販化の予定についてトヨタガズーレーシングカンパニーGR統括部 統括・ブランドマネジメント室 戦略グループの渡邊篤主査は以下のように明かされていました。

「改造申請して認可を取得しておりますので、販売することは可能なのですが、今の所その計画はありません。ですがGRは、これまでの殻を破って新しいことにチャレンジするのが使命ですので、いつの日か実現したいですね。」

もしかすると、いつか「センチュリーGRMN」が一般発売される日が来るかもしれないですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる