【まとめ】園子温作品の出演女優一覧!真野恵里菜や満島ひかりの名前も!

日本のみならず、世界からも注目を集める映画界の異端児・園子温監督。

2021年10月8日には、ニコラス・ケイジ主演の映画「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」が公開され、ハリウッドデビューも果たされました。

今回は、そんな園子温監督の作品に出演したことがある女優さんを一覧にまとめていきます。

真野恵里菜さんや満島ひかりさんなど誰もが知っている女優さんの名前も多くありました。

スポンサーリンク
目次

園子温は人気監督になる前アメリカでホームレス生活していた!

23歳から制作活動を開始

1985年、23歳で『俺は園子温だ!!』を撮ってぴあフィルムフェスティバルに入選して以来、園子温監督の積極的な制作活動を開始。

その後、『自転車吐息』や『部屋 THE ROOM』などの作品を生み出し、徐々に注目を集めるようになりました。

また、30歳目前となった20代後半には『地獄でなぜ悪い WHY DON’T YOU PLAY IN HELL?』や『ラブ&ピース』、『ひそひそ星』といった、のちに制作されるオリジナル映画の脚本を書き上げていたそうです。

「毎回逮捕されていた」

1993年、園子温監督は街頭パフォーマンス集団「東京ガガガ」を結成。

横断幕を掲げて「ガガガ」と叫び、隔週で渋谷や新宿をストリートジャックするという過激なパフォーマンスをしていたそうです。

しかし本人曰く、

「毎回逮捕されていた」

とのことです。

アメリカでホームレス生活

1999年、園子温監督は文化庁の新進芸術家在外研修員として国費でアメリカに留学。

しかし、

「もう時効だと勝手に思っているんですが、実はアメリカに行けばお金が支給されるから応募しただけ。しかも大きな声では言えないですけど、通わなきゃいけないバークレー校には1度も行ってないうえ、支給されたお金をあっという間に使い果たしてしまった。サンフランシスコでホームレスになったんです。

アメリカでホームレス生活を送る羽目になってしまったようです。

ちなみに、路上生活は半年ほど続き、ビーチで似顔絵を描いて生計を立てていたそうです。

数々の話題作を生み出す

その後、園子温監督は『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』『新宿スワン』『映画 みんな!エスパーだよ!』などの話題作を次々に生み出していきました。

スポンサーリンク

【まとめ】園子温作品の出演女優一覧!


園子温監督との出会いを人生の転機と捉える女優さんも多く、『ヒミズ』に出演した二階堂ふみさんや『TOKYO TRIBE』に出演した清野菜名さんはその代表です。

では、ここからは過去に園子温作品に出演したことある女優さんを一覧にまとめていきたいと思います。

※園子温監督の作品に出演経験のある女優はあまりにも多いため、今回は有名女優のみ紹介します。

  • 神楽坂恵(園子温の嫁)
  • 真野恵里菜
  • 夏帆
  • 満島ひかり
  • つぐみ
  • 夏生ゆうな
  • 吉高由里子
  • 日南響子
  • 馬場ふみか
  • 野崎萌香
  • 冨手麻妙
  • 広瀬アリス
  • 高橋メアリージュン
  • 池田エライザ
  • トリンドル玲奈
  • 篠田麻里子
  • 桜井ユキ
  • 磯山さやか
  • 麻生久美子
  • 沢尻エリカ
  • 水野美紀
  • 安藤サクラ
  • 永作博美
  • 吹石一恵
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる