山本コウタローの現在は白鴎大学教授!伊豆の山奥で農業もやっていた?

シンガー・ソングライターの山本コウタローさんが、脳内出血で死去したことが分かりました。

享年73歳。体調不良のため静養中のことでした。

今回は、そんな山本コウタローさんの現在についてお伝えしていきます。

亡くなる前までは何をされていたのでしょうか。

スポンサーリンク
目次

山本コウタローさん死去

 シンガー・ソングライターの山本コウタローさんが4日に脳内出血で亡くなっていたことが15日、分かりました。

73歳。

山本さんの公式HPで発表されました。

山本さんは1970年、一橋大在学中に発表した「走れコウタロー」でレコード大賞新人賞を獲得。

大学卒業後にはフォークグループ・山本コウタローとウィークエンドを結成し、1974年には「岬めぐり」も大ヒットしました。

その後も白鴎大で教鞭を執り、キャスターやコメンテーターとしても活躍。

公式HPによると「体調不良のため静養中」だったといい、葬儀などは「故人の遺志により近親者のみで執り行いましたことを謹んでご報告申し上げます」と記されていました。

スポンサーリンク

山本コウタローの現在は白鴎大学教授!

山本コウタローさんは、1999年に白鴎大学で教鞭を執り、キャスターやコメンテーターとしても活躍。

2019年には長年教鞭を執った白鴎大学を定年退職し、名誉教授に就任されていました。

講義は学生からの人気が高く、抽選科目だったそうです。

それもそのはず。

山本さんは教授として、以下のことを心がけていたそうです。

「ぼくは、毎年、同じテーマで教えていますが、学生は、1回しか講義を聞けません。音楽コンサートもそうです、ぼくは今日も明日も明後日も歌いますが、聞きに来る人は1回だけの人もいる。講義は1回1回全力投球で、手を抜かないことを心がけています」

山本さん自身、東京都立日比谷高等学校卒業後、上智大学法学部に入学。

上智大学在学中に東京大学受験を志すも東大紛争による東大入試中止により、一橋大学社会学部に転学。

1972年、一橋大学社会学部を卒業されている高学歴です。

そのため、教えるのも上手かったのではないでしょうか。

また、山本さんは教授以外にも、音楽・講演活動を精力的に行っておられました。

ミニライブを含めた講演はかなり好評だったようです。

ちなみに、白鴎大学では硬式野球部の部長も務めておられました。

スポンサーリンク

山本コウタローは伊豆の山奥で農業もしていた?

実は、山本コウタローさんは白鴎大学の教授以外にも、伊豆の山奥で農業に勤しんでおられました。

「健康の基本は食にあり」をモットーに、1984 年より玄米自然食を実践。

1988年より自ら耕すことに挑戦し、「自然農法」による野菜・穀物作りを西伊豆、西浦にてスタート。

2反からスタートした農地は、現在は1町歩にもおよぶそうです。

一反はテニスコート(シングルス)の5倍。
標準的な小学校や中学校の体育館2つ分程度の広さです。また、東京ドームは47反分の広さがあります。

東京ドームは約4.7町の広さで、テニスコート(シングルス)の約50倍の広さです。

ちなみに、山本コウタローさんの自然農法は、「不耕起自然農法」というもので、土を耕さない農法。

いわゆる、ほったらかし農法と呼ばれるものだそうです。

そのため、水も少ししかやらず、雑草は生え放題。

しかし、以下の観点からこれが良いそうです。

  • 雑草を取らないことで、土は適度な湿り気を年中帯びる。
  • むしろ、土を耕すことで乾燥しやすくなる。
  • 雑草を取ることで、かえって害虫が増えてしまう。
  • 害虫は、雑草を食べるので、農作物はちゃんと残る。

山本さんのこの農地では、約80種類の野菜が採れるそうです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる