【箱根駅伝2022】青色の運営車両の車種はGR86!価格やスペックを紹介!

2022年1月2日、東京・大手町の読売新聞社前から「第98回箱根駅伝」がスタートします。

そこで毎年注目が集まるのが車両です。

箱根駅伝では、1位の選手のすぐ後ろを走る大会本部車や、各選手ごとの後ろを走る監督車、選手を先導する白バイなど見どころ満載となっています。

そこで今回は、その中でも珍しい青色の車が走っていたのでご紹介していきます。

なんでもトヨタのGR86と言われているので、そちらの価格やスペックもお伝えしますね。

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

目次

【箱根駅伝2022】青色の運営車両の車種はGR86!

2022年1月2、3日で行われる「第98回箱根駅伝」

毎年30%近い視聴率を叩き出していることからも、その人気と注目っぷりがうかがえます。

そして、そんな箱根駅伝のなかでも、

今年の注目車両は青色の珍しい運営車両です。

そして気になる珍しい青色の運営車の車種ですが、

トヨタのGR86 です。

[ADG]

スポンサーリンク
[/ADG]

GR86の価格やスペックは?

SUBARUとの共同開発により誕生した86の伝統を継承しつつ、SUBARU開発陣と切磋琢磨しながら「GRらしい走りの味」を追求した「更なる高い次元でのダイレクトで気持ちのいい走り」を持つGR86

ラインアップは、「RZ」、「SZ」、「RC」

トランスミッションは、「RZ」、「SZ」はスーパーインテリジェント6速オートマチックと6速マニュアルを設定、「RC」は6速マニュアルのみとなっています。

スペック

  • エンジンは新採用のD‐4S搭載水平対向4気筒エンジンを採用
  • 排気量は従来型の2Lから2.4Lへアップ
  • 0‐100km/h加速性能は従来型の7.4秒から6.3秒に
  • フロントはGRブランド専用の「FUNCTIONAL MATRIX GRILL」を採用
  • メーターはBOXERメーター(7インチカラー+LCD液晶メーター)を採用
  • 安全装備は、SUBARUの運転支援システム「アイサイト」を採用(ATのみ)
  • 通常走行における安全サポートや、衝突回避、または被害軽減に貢献するプリクラッシュブレーキなどを搭載

価格

そして気になるGR86の価格ですが、

279~350 万円となっています。

意外と安く感じた方も多いのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる