【動画】平野歩夢の金メダル滑走を全てみせます!露骨なショーン推しにも負けず!

北京五輪 第8日の11日、スノーボード 男子ハーフパイプ決勝が行われ、日本の平野歩夢選手が逆転で1位となり悲願の金メダルを獲得されました。

そこで今回は、平野歩夢選手の全ての滑走映像をお見せしていきます。

最後までぜひ楽しんでいってください。

スポンサーリンク
目次

【動画】平野歩夢の金メダル滑走を全てみせます!

北京五輪 第8日の11日、スノーボード 男子ハーフパイプ決勝が行われ、平昌五輪銀メダルの平野歩夢選手が1440を3度飛ぶ史上最高難易度の構成を成功させて96.00をマークして逆転で1位となり悲願の金メダルを獲得。

スノーボードでは日本史上初の金メダル獲得の偉業を果たされました。

また、平野選手は縦3回転・横4回転の超大技『トリプルコーク1440』を五輪で史上初めて成功させました。

1回目(失敗)

2回目(成功)

3回目(成功)

この3回目で見事金メダルを獲得されました!

スポンサーリンク

平野歩夢の2回目の完璧な滑走にアメリカ実況者ブチギレ!

金メダルを獲得された平野歩夢選手ですが、実は2回目も完璧な滑走を披露されていました。

実際、平野歩夢選手の実況を担当したアナウンサーは滑走直後に「人類史上最高難度だった」と賞賛。

しかし、まさかの得点が全く伸びず2位に。

※この時点での1位はオーストラリアのスコット・ジェームズ選手の92.50

得点を見てもらったら分かる通り、1440を3度飛ぶ史上最高難易度の構成を成功させているにも関わらず、日本・スウェーデン以外の国の得点が露骨に低いです。

これにネット上では「ショーン・ホワイトに金を取らすためにわざと下げてる!」と話題になりました。

たしかにアメリカだけ80点台ですよね。

しかし、この判定にアメリカ人実況者も理解ができず、ブチギレていました。

ただ、平野歩夢選手が3回目を滑るときにはショーンホワイト選手が4位と確定していた為か、アメリカを含む2回目で低くしていた国もしっかり採点していました。

あまりにも露骨な採点ですよね。

スポンサーリンク

ネット上の反応

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる