【ミカ・ユッカラ】セクハラくずエピソード4選!パワハラ疑惑の真相とは?

北京五輪のスキージャンプ混合団体で日本の高梨沙羅選手らがスーツ規定違反で失格になった問題で、〝黒幕説〟が浮上している渦中のフィンランド人審判ミカ・ユッカラ氏。

今もなお、各国から「茶番だ」という怒りの声が噴出しています。

そこで今回は、そんなミカ・ユッカラ氏のセクハラくずエピソード4選を紹介していきたいと思います。

また、パワハラ疑惑も浮上しているのですが、真相は一体、、、

スポンサーリンク
目次

高梨沙羅「失格」の舞台裏には 厳格審査の男性担当者が〝介入〟

2022年2月7日、北京五輪は新種目の「ノルディックスキージャンプ混合団体(出場10チーム)」が行われ、日本の高梨沙羅選手を含め、計4か国5人がスーツ規定違反で失格。

大波乱の展開となりました。

大騒動になっている高梨選手ら女性選手5人の失格問題を巡っては、マテリアルコントロール(道具チェック)を担当する責任者でポーランド人女性のアガ・ボンチフスカ氏が検査を実施したが、

その後に本来はいるはずのない男性担当のミカ・ユッカラ氏が検査に〝介入〟していたことが現地で指摘されていました。

スポンサーリンク

【ミカ・ユッカラ】セクハラ・パワハラと話題に!

なぜか女子の検査に介入していたと指摘されているミカ・ユッカラ氏に対し、ネット上では「セクハラ」「パワハラ」と話題になっています。

スポンサーリンク

【ミカ・ユッカラ】セクハラくずエピソード4選!

では、今回の騒動の渦中のフィンランド人審判ミカ・ユッカラ氏のセクハラくずエピソードを4つ見ていきたいと思います。

1,異性の測定を担当

ドイツのホルンガッハー監督によると、通常ならマテリアルコントローラーは男子種目には男性、女子種目には女性が担当。

しかし今回の混合団体では、男性コントローラーが突然、女子の測定にもついてきたといいます。

この男性コントローラーこそミカ・ユッカラ氏です。

2002年ソルトレークシティー五輪団体金メダリストのスベン・ハンナバルト氏はドイツメディア「ワトソン」に対し、

「団体戦で着用したスーツは個人戦で女性のコントローラーがOKを出したものだったが、団体戦では男性コントローラーが違うやり方で測定したことから今回の大混乱が起きた」

と指摘しています。

2,通常の測定とは違うやり方を実施

ノルウェーの「VG」紙によると失格となったシリエ・オプセト選手は、

「審判員がスキージャンプのスーツを測定する際、通常の手順に従っていなかった」という問題点を指摘。

さらに、

「何と言っていいのかわからない。彼らはまったく違う方法で新しい手順で(スーツを)計測した。今までとは違う立ち方をするように言われた」  

当日の不可解な測定方法について明かされました。

また、同じくアンナオディネ・ストロム選手も、

「検査が通常とは違う手法だった」と不満を訴えています。

この測定方法について、ノルウェー代表のブラーテン監督は、

「通常の測定では、選手が腕を身体から30センチほど横に伸ばして待つものの、7日は腕を頭の上に置いたままだった」

と説明されています。

※追記

日本の高梨沙羅選手も検査方法の違いを指摘していたことが分かりました。

高梨選手はスーツの太もも回りが規定より2センチ大きいと指摘され失格となっていました。

斉藤監督によると、「通常飛躍後はスパッツをはいたまま太ももを測定されるが、スパッツを脱がされた」と高梨選手が回答。

また、腕も通常は体から約30センチ離した位置まで広げて検査を受けるが、万歳を求められたそうです。

高梨選手は「検査方法が違うとしてやり直しを求めたが、受け入れられなかった」と話しているとのことです。

スポンサーリンク

3,長時間拘束し、あら探し

今回の測定についてドイツ代表のカタリナ・アルトハウス選手は、

「これまで経験したことないほど長い時間、上から下までくまなくチェックされた。何か見つかるまで検査が続くような感じだった」

と明かされています。

カタリナ・アルトハウス選手は、個人戦で銀メダルを獲得している実力者。

試合後のインスタグラムでも「私は11年間、失格になったことなどない。言葉を失う」と悲しみを訴えておられました。

4,責任を他人に押し付ける

しかし、渦中のフィンランド人審判ミカ・ユッカラ氏は「私は関係ない。全部(女性審判の)ボンチフスカがやった」と無関係を主張されています。

大騒動になっている高梨ら女性選手5人の失格問題を巡っては、マテリアルコントロール(道具チェック)を担当する責任者でポーランド人女性のアガ・ボンチフスカ氏が検査を実施しましたが、

その後に本来はいるはずのない男性担当のミカ・ユッカラ氏が検査に〝介入〟していたことが現地で指摘されていました。

そんな混乱が増す中、ついに渦中のミカ・ユッカラ氏が沈黙を破ったのです。

「失格はすべてアガ・ボンチフスカによって明らかにされたことだ。私はそのこととはまったく何の関係もない」

と完全否定。

女性担当で実際に検査に携わったボンチフスカ氏にすべての責任があり、今回の問題に自身は一切関与していないと主張されました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる