村田兆治が老害と言われる理由|過去には発達障害を思わすヤバい行動も?

元プロ野球選手の村田兆治氏が老害と言われてしまう理由についてまとめています。

何でも過去にも『老害』と言われたことがあり、一部では発達障害なのでは?問い疑われる節も。

エピソードなどまとめていきたいと思います。

目次

村田兆治のプロフィール

  • 名前 村田兆治(むらたちょうじ)
  • 生年月日 1949年11月27日(72歳)
  • 出身 広島県豊田郡本郷町
  • 出身高校 福山電波工業高校
  • プロ入り 1967年 ドラフト1位
  • 最終チーム ロッテオリオンズ
  • ポジション 投手

投手としての才能を持ち、プロ入りはドラフト1位。

その後1年は十分な結果は出せずだったものの、村田兆治氏の代名詞とも言える『マサカリ投法』を習得。

そのがは一躍パリーグを代表する選手へと成長!

その後は、60歳に至っても始球式で130キロ代を出すなど、唯一無二の存在と呼ばれるレジェンドです。

さらに引退後は野球解説者やコーチとして活動し、2005年に野球殿堂入りしました。

スポンサーリンク

村田兆治が老害と言われるエピソード

村田兆治さんは時どき『老害』と言われているようです。

老害とは

『老害』とはおいても、若い頃と行動を変えず、周囲に迷惑をかけてしまうことです。主にシニア層に使われる言葉で、会社などでは若い世代と交代しない弊害がある時にも使われる言葉です。

村田兆治さんが老害と言われてしまうのは、こんな理由がありました。

スポーツ番組で無茶を言う

村田兆治さんがあるスポーツ番組に出演していたとき、MCだった元SMAPの中居さんに無茶な要求をしたと言うもの。

この時の村田兆治さんの年齢は69歳。

中居くんが村田兆治さんのたまを打つ!と言う企画の中で

バッティングを番組内でしようとしましたが、本当に売ってしまうと観客に危険が及ぶため、ふりだけをしていたようです。

その時に村田兆治さんは『打てよ!』などと煽ったと言うこと。

中居さんとしては、危険なことはできないので流していたところ、同じく出演していた山本選手が自ら守備する!と出て行ったと言うこと。

これにはネットでも『老害』と言われてしまいました。

空港で女性をどつき逮捕

村田兆治さんは2022年9月に空港の金属探知機に何度も引っかかったことに腹を立て、スタッフの女性のかたを何度も押したと言うこと。

この件で村田兆治さんは現行犯逮捕されてしまいました。

村田兆治さんは『殴ったりはしていない』というようです。

この時の村田兆治さんの年齢は72歳。耳も遠くなり、大声でどばってしまったのかもしれませんね。

これにも『老害』と言われてしまっています。

村田兆治は認知症か発達障害?

村田兆治さんの行動から『発達障害』や『認知症』なのでは?

と心配する声も上がっています。

若い頃の村田兆治さんを知っている人たちにとって村田兆治さんは『紳士的』なイメージがあるようです。

紳士的なだけでなく、品性を感じられた!という声も。

そんな方が、突然乱暴な言動をする場合、認知症の疑いがある場合がありますね。

認知症の初期衝動にはキレる行為も

認知機能の低下により、周囲への注意力が落ちることがあるようです。この場合、突然キレたり、温厚な人が怒りっぽい性格に変化する特徴が挙げられます。

実際に認知症なら本当に心配です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる