【動画】羽生結弦が言い訳がましいと話題!見苦しいと言われる2つの理由とは?

2022年2月14日午後5時30分(日本時間6時30分)、北京オリンピックのフィギュアスケート男子で3連覇を逃した羽生結弦選手が記者会見を行われました。

しかし、ネット上では「言い訳がましい」「言い訳が見苦しい」と話題になっています。

そこで今回は、実際の声を見ていくとともに、

羽生結弦選手の言い訳が見苦しいと言われる2つの理由についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク
目次

羽生結弦が言い訳がましいと話題に!

2022年2月14日、北京五輪のフィギュアスケート競技、男子シングルに参加した羽生結弦選手が現地で記者会見を行いました。

※今回の会見は、取材が殺到し、個別に対応が難しいために設けられた場所だと発表されています。

オリンピックの男子3連覇を懸けて挑んだ北京大会。

しかし、結果は4位に終わり、今回の記者会見で思うような結果を残せなかったことや、今後について質問が行われました。

そんな記者会見で羽生結弦選手がプチ炎上しています。

スポンサーリンク

【動画】羽生結弦の言い訳が見苦しいと言われる2つの理由!

では、なぜ羽生結弦選手は「言い訳がましい」や「言い訳が見苦しい」と言われるようになったのでしょうか。

それには主に2つの理由があるようです。

1,記者会見でのやり取り

2022年2月14日に行われた記者会見で「4回転半ジャンプ(4A)への挑戦について。今後は?」と聞かれた羽生結弦選手は、以下のように回答されました。

Q:4回転半ジャンプ(4A)への挑戦について。今後は?

羽生:どうなんでしょうかね? 自分の中でまとまっていない。あの時(フリー後)もそうだったが、今言えることとして、これを言うことが正しいのかわからないですし、言い訳臭くなって、なんかそれでいろいろ言われるのもやだなって、平昌(ピョンチャン)オリンピックの時も、何か言ったら嫌われるだろうなと思っていたけど、前日の練習で足を痛めて、4Aで自分の中で一番捻挫した。

思ったよりひどくて、普通なら棄権していた。今でも安静にしないといけなくて、ドクターからも10日は安静と言われている。

朝の公式練習もあまりにも痛かったので、どうしようかなと思ったんですけど、その後注射を打ってもらって、6分間練習の直前、10分前に出場を決めた。

 その注射だったり、痛みを消す感覚だったり、自分が追い込まれて、SPも悔しくて、いろいろな思いの中でアドレナリンが出て、最高のアクセルができた。

なので、ジャンプには色々な技術があって、4Aを習得するにあたって、いろいろな技術を学んで自分の4Aにつなげようと思ったが、自分自身のジャンプは、負けたくないっていうか、あのジャンプだからこそ、きれいだって言ってもらえるし、あのジャンプしかできないし。

だから絶対に思い切り跳んで、思い切り高いアクセルで、思い切り早く締めてを追究した。

その中では最高点に僕の中ではたどり着けたと思うし、開店の判定も色々あるだろうが、納得している。満足した4Aだったと思う。

スポンサーリンク

2,ショートプログラム(SP)直後のインタビュー

また、冒頭の4回転サルコーが抜けて95・15点となり、まさかの8位発進となったショートプログラム(SP)直後のインタビューで、

「まあしょうがないなっていう感じ。自分の中でミスはなかったなって思っている」

と冒頭のジャンプを回顧。

さらに、

「自分の穴じゃなくて他のスケーターの穴があって、ちょうどガコってはまっちゃって、頭が身体を防衛してしまった」

と明かされていました。

こういった対応が、世間からは「言い訳にしか聞こえない」と思われる原因となったようです。

ただ、スケートリンクに穴があったのは事実のため、「これは言い訳ではないでしょ」といった声も多く上がっています。

たしかにかなり深い穴が空いていますよね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる